2010年03月11日

来日アーティストその2

コンバンワ。今回も、昨日に引き続き来日アーティストの曲を紹介します。

本日、ご紹介する曲はヨーロッパのファイナルカウントダウン、では無く

ケリーをご紹介します。

このヨーロッパというバンドは、The Final Countdown の大ヒットで

一躍スターに登りつめた、北欧出身のイケメンハードロックバンドです。

ハードロックバンドといっても、北欧系ハードロックの特徴であるメロディ

アスでドラマティックな曲調は、ハードロックに馴染みの無い人達の耳

にも受け入れやすいのではないかと思います。

そんな彼等のヒット曲の中から、美しいコーラスが印象的なバラードを

聴いてもらいます。

私は20数年ほど前、プールバー(ビリヤードが置いてあるバーの事)で

バイトをしてたんですが、売り上げが落ち、その店が閉店することに

なってしまいました。

営業最後の日の閉店後、思い出の詰まったその店内でスタッフ皆で

飲み明かしました。

そして、もうじき朝になろうとしている別れ際に、私が流したのがこの曲、

ケリーなんです。そして、曲が終わったと同時に店のライトを消しました。

まさに、スタッフみんなの青春の1ページが閉じられた様な瞬間でした。


”maybe we'll meet again somewhere again"

"when lights go down"

"きっと又、どっかで会えるよ”

”街の灯りが消える時に”

EUROPE-CARRIE 注:レベルが高いのでボリュームを絞ってください。


P.S
こっとりんさんへ

情景が浮かぶとは、さてはお主も経験済みかの?

助手席=「運転変わってくれ!」ってのもついて来まっせ!
posted by dj-don at 00:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | ロックバラード系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

来日してまんな〜

コンバンワ。今年はなんか大物アーティストの来日ラッシュみたいで。

そんな中でシェリルクロウとジャクソンブラウンが夢の競演ということで

来日してる訳ですが、それにしてもスゴイ組み合わせですな〜。

(ご存知ない方の為に、二人ともアメリカを代表するシンガーソングライ

ターです。ちなみにシェリルクロウの元カレは、あのエリッククラプトン!)

今日は二人の数ある名曲の中から、いつもながらの独断と偏見で数曲

ご紹介します。まずはSheryl Crowから

If It Makes You Happy

Run Baby Run

Jackson Browne

The Load Out~Stay

3曲共、夕日が沈む湾岸線のドライブにピッタリですよ。

私はThe Load Out~Stay(6'10"からStay)を海の帰り道に、皆で

大合唱しながら帰ったのを今でも鮮明に憶えています。

当時は今のようにステップワゴン、ノア、ボクシーみたいなミニバンという

物が無く、マークUやクラウンのバンでリアシートをフラットにし、そこに

4、5人がギュウギュウ詰めになって遊びに行ってました。

前席の助手席はまさに特等席ですね。

でもそんな無茶をしてた事も、今思えば非常に懐かしく、またイイ時代だ

ったと思います。(スイマセン、思わずノスタルジーに酔いしれてしまって)
posted by dj-don at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | サンセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

オシャレなサウンド

コンバンワ。今日はオシャレなクラブ系サウンドで行きたいと思います。

私、20代前半の時にクラブDJを目指しておりまして、週3ぐらいのペース

でクラブ通いをしていた時期があるんですが、その当時グランドビートと

言うジャンルと言うかリズムが流行ってまして、このリズムが踊るには

勿論の事、ドライブにはうってつけのサウンドなんです。

”聴く”というより”感じる”とでも言いましょうか、なんせ気持ちイイんです。

歌詞の意味がどうのとか全く関係無しに、ただ流してるだけで◎。

私なんか、こういうのを掛けている時はあまりにもドライブが気持ち良くて

目的地を通り過ぎることもしばしば、ありました。

何曲か車に積んで置くと、非常に重宝します。

今回は、私がパーティーや学際なんかでよく回していた皿(レコード)を

3曲ほどご紹介します。

Lisa Stansfield - All Around The World 
 
Driza Bone-Real Love

Cool Down Zone-Heaven Knows
posted by dj-don at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | COOLにキメたい系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

誰か教えてください

コンバンワ。今頃なんですが最近「のだめカンタービレ」にハマってます。

スカパーで再放送をやってて、暇つぶしのつもりで見てたらついつい

ハマってしまって、今、週一で深夜にやってるフィナーレがとても待ち遠

しいこの頃です。でも、いつも見てて思うんですが、クラシックの演奏家

の人達の感性というか耳はすごいですね。

私も30年近くギターを弾いているので、それなりの耳は持っているつもり

ですが、彼等の耳はまるで別次元のように思えてなりません。

あの盲目のピアニスト、辻井伸行さんのあるエピソードを聞いた時に、

「あ、やっぱりそうなんや」って思いました。

そのエピソードというのは、彼が赤ん坊の時、母親が子守唄代わりに、

いつもショパンのピアノ曲集のCDを掛けていました。

ある日のこと、いつものようにCDを掛けて家事をしていました。

普段は機嫌良く聞いているんですが、その日に限って辻井さんが泣き

じゃくるのです。その理由とは?

それはショパンはショパンでも、いつも掛けている演奏家と違う演奏家の

CDを掛けていたから、なんです。すごい話だと思いませんか?

生まれながらに、ピアノの音色を聞き分ける感性と耳が備わっていたと

言うことですね。文字通り、生まれ持った才能ということです。

ところで皆さんは”絶対音感”という言葉を聞いた事ありますか?

例えば、普段何気に聞いてる救急車のサイレンの音。

絶対音感を持っている人は、あれを聞いて音程(ドレミ)が分かるんです。

絶対音感を持っていない私からすれば、なんて羨ましい才能なんだと。

ところが、面白い話を聞いたんです。

この”絶対音感”という物、全ての人間が生まれつき持っているんです。

しかしこの先、人生を歩んで行く上で特に必要が無いということで、段々

退化して行くらしいんです。

だから、絶対音感を持ってる人達はちっちゃい頃からピアノやバイオリン

なんかをやってる人達が多いのかなって納得してしまいます。


ということで本日の紹介曲は

Patti LaBelle&Micharl McDonald-On My Own

24年も前に聴いていた曲なのに、今聴いても全然古臭く無く、それどころ

か逆に新鮮に聴こえてくるぐらい良く出来た曲だと思います。

二人のハリのある歌声はまさに圧巻です。特にMicharl McDonald。

すごいです、この声量はハンパじゃありません。

松崎しげるや尾崎紀世彦も真っ青って感じです。ではお聴き下さい。

Patti LaBelle&Micharl McDonald-On My Own


それと、このクリップを検索してて見つけた、Reba McEntire がカバー

しているOn My Ownなんですが、もうシビれました。久々に音楽を

聴いて衝撃を受けました。このカバー初めて聴いたんですが、Rebaの

他に女性が出演してますが、彼女達は何と言う歌手なんでしょうか?

また、Rebaをはじめ、このクリップに出ている人達の代表曲なんかを

教えてくれる方がいらしたら、是非教えてください。

宜しくお願いします。

Reba McEntire-On My Own








 
posted by dj-don at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

脳内麻薬出倒しです。

コンバンワ。今日は早速、曲紹介させてもらいます。

と言うのも、一秒でも早くこのパフォーマンスを観て貰いたいから。

3日に紹介したSarah Mclachlan のangelという曲なんですが、

ニコラスケイジ主演の映画「CITY OF ANGEL」で使われていた曲

なので、ご存知の方も多いと思います。

ただ、今回お見せするクリップはスタジオバージョンを遥かに超える

最高のパフォーマンスだと思います。

彼女の歌声の大きな特徴の一つである、裏声(音程が変わる時に一瞬

だけ出るヨーデル風の裏声)やIn The Arms Of The Angel〜♪の 

Armsのア〜って伸ばしたときの中域の倍音(ハーモニクス)なんか、

もうヤバイくらい気持ちイイですよ。

私なんかこれ書きながら、かれこれ5,6回聴いてます。

では早速、聴いてもらいましょう。

sarah maclachlan-Angel 

こちらはスタジオバージョン

Sarah Mclachlan-Angel(studio)







posted by dj-don at 00:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゆったりリラックス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

今日はジェントルに

コンバンワ。昨日は悪態をついてしまい、申し訳ありませんでした。

今日は普段通り、ジェントルな姿勢でいきますよ。

と言うことで、最近仕事のストレス?で、なんかゆったりした曲をチョイス

してしまうんですが、今日の曲も普段乗りにはちょうど良いリズムじゃあ

ないかと思います。

ノルウェー出身のオネーチャン、トリーネレインの大ヒット作

ジャスト ミスド ザ トレインを紹介します。

この曲、元々はDanielle Brisebois(ダニエルブリズボワ)と言う人の

曲で、洋邦色んな人がカバーしてるみたいですが、やはりこの人が歌う

ジャスト ミスド ザ トレインが一番ヒットしたようです。

初めて聴く人も、出だし2秒で直感的に「あ、イイかも」って思ってしまう

ような曲です。

それでは、お聴き下さい。 
Trine Rein(トリーネ レイン)-Just missed the train


こちらがオリジナルです。これはこれで結構イケてます。

ピアノの音色が疲れた体に染み渡るような感じ。

気分で聴き分けるのもありかも。

Danielle Brisebois-Just Missed The Train
posted by dj-don at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりリラックス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

〇ーモバイルのアホ、ボケ、カス、〇ね!

今日は怒っとるでーホンマ〜。昨日は早く寝ようと思ったので、9時過ぎに

パソコンを立ち上げてブログの更新をしようとした。

が、何度やっても繋がらない。15分後やっと繋がり、書き込みをして

保存ボタンをクリック。・・・アドレスバーに(応答無し)の文字が。

更新ボタンや戻るボタンでなんとか元の画面に。

そして、もう一度保存をクリック。

(このページは表示できません)・・・何やと〜!何で出来へんのや〜!

怒りを抑えて、再チャレンジ。保存ボタンをクリック。

画面が白いまんまフリーズ。クソーーーーッ、どういう事や〜〜〜〜!

ナメとんか〜〜〜!ボケ〜動かんかい〜〜〜!

又なんとか元の画面に戻り再再チャレンジ。”カチャッ”・・・・・・・・・・・・。

(このページは表示できません)ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

4時間が経過し、(このページは表示できません)や元の画面を行ったり

来たりしてたら、なんと、40分掛けて書いた記事が消えてしまった・・・・。

そうして長い夜は過ぎていった・・・。(早く光ケーブルに変えよ。)

こんな夜にはリラックス出来る、この曲は如何かな?

(おまえがリラックスせえーっちゅう話しやね)


Swing Out Sister - Now You're not Here



実は今日も繋がりが悪く、かれこれ2時間かかった。

やっぱ9~12時ぐらいは使いモンになりましぇ〜ん。

posted by dj-don at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりリラックス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

おかげさまで1ヶ月経ちました。

コンバンワ。私がこのブログを立ち上げたのが、1月31日でした。

どっちみち、1日の訪問者数は1桁止まりで、すぐ止めるやろうと思って

始めたのに、いつの間にやら1ヶ月が経ちました。

皆さんが訪問してくれているおかげで、人気ブログランキングの洋楽部門

で現在165件中33位、日本ブログ村懐メロ洋楽部門で128件中でなんと

4位という信じられないランクになっております。

おかげで、”毎日せっせこせっせこ更新せなランクが落ちてしまうやんか

恐怖症”になっております。

これからも、一曲一曲皆さんの心に残る、そして一生の宝物になるような

曲を紹介していきたいと思います。

ということで、今回ご紹介する曲はThe Water Is Wide

この曲、題名を見てもピンとこない方のほうが多いと思いますが、聴けば

「ああー、知ってる知ってる」って言うに違いないでしょう。

私がこの曲を初めて聴いたのは、十数年前の競艇のCMでした。

今でも色んなCMで使われています。

この曲はアイルランド民謡ということで、色んな人が歌っています。

今回ご紹介するのは、リリスフェアーという名前のイベントが数年前から

行われているのですが、(簡単に説明しますとサラマクラクランと言うシン

ガーの呼びかけで集まった女性シンガーの祭典みたいなものです。)

で演奏したバージョンです。

このリリスフェアーの参加者には特徴があって、ほとんどの人がカント

リーシンガーだということです。

このライブでは、そんな彼女達の実力が十二分に堪能できます。

すばらしい歌声を是非、お聴き下さい。


Sarah McLachlan,Indigo Girls, & Jewel - The Water Is Wide



P.S


こっとりんさん、やのともこさん始め、訪問してくれた方、本当に有難う

御座います。これからもいい曲紹介します!

「この曲、気に入りました。」だけでも結構ですのでどしどしコメント

下さい。宜しくお願いします!
posted by dj-don at 00:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゆったりリラックス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

このオッサン知ってる?

コンバンワ。なんかオリンピック終わったみたいですね。

今回、あんまり見てないんでよく知らないんですが。

で、今日はそのオリンピック繋がりということで、このオッサン出します。

Luciano Pavarottiです。知ってます?知らないですよね。

この人、超超一流のオペラ歌手なんですが、この人の歌うある歌が

それはもう素晴らしいの一言なんです。

そのある歌というのは、あの荒川静香が使用して有名になった歌劇

「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」なんですが、これがマジ凄い。

なにが凄いって、全部凄い。完璧。これより上手い人いたら連れて来い!

って感じ。とりあえず、聴いてもらえれば分かります。

あ、それから皆さんいつも私のブログを見る時というか聴くときのリスニ

ング環境はどんな感じですか?ノートパソコンだったら内蔵スピーカー

で、デスクパソコンだったらプラスチックで出来た普通のスピーカーとか

そんな感じですか?これは私の希望なんですが、出来ればヘッドフォン

で集中して聴いてほしいんですけど。それもボリュームいっぱいで。

特に、今回はそうしてもらったほうが感動が何倍にもなると思います。

それからもう一つ、本来のコンセプトから言うと、この曲はとてもドライブ

に適してるとは言いがたい曲ですが、どうしても皆さんに知って貰いたい

曲があれば、このような番外編も挟んで行こうと思ってます。

ま、音楽の幅を広げるという意味でどうぞお付き合い下さい。

因みにこの方、2006年トリノオリンピックでこの歌を歌われ、翌年にガン

で亡くなられました。(ファンだっただけに残念です。)

じぁあ行きますよLuciano Pavarotti-nessun dorma



P.S
こっとりんさん、ほんと気があいますね〜と言うか感性が似てますね〜。

いやいや、驚きです。

やのともこへ

お、来たな〜。待ってたでー。どない?エエとこ突くやろ?

また、茶々入れに来てや〜。





posted by dj-don at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ??? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。