2010年03月14日

ありったけのティッシュを用意してください

コンバンハ。まずは、お手元にティッシュを1箱用意してください。

私は、特別アニメが好きと言う訳ではありませんが、今迄でハマった

アニメが2つあります。それは”銀河鉄道999”と”1000年女王”です。

2本とも映画館で続けて2回ずつ観たぐらいです。

今これを読まれてる方の中にもファンが多いのではないでしょうか?

今日、ご紹介する曲はこの2本の映画のエンディング曲です。

1000年女王の曲は、あの喜太郎がプロデュースしてるので、喜太郎

らしい壮大なバラードに仕上がってます。

因みに、ギターはTOTOのギタリスト”スティーブルカサー”がプレイ

しています。

ギターもヴォーカルと同じで、その人独特の”音”と言うものが有ります。

このスティーブルカサーも例外ではありません。

と言うより、「何、この音?どないしたらこんな音出るん?」って言う位、

エエ音出してるんですよ。(初めてこのソロを聴いた時は、号泣しました。

たぶん、ギター弾きにしか理解出来ないと思います。もっとも、この

クリップの音質では魅力の半分も伝わらないと思いますが。)

ヴォーカルは、あの世界的に有名な大物歌手、ニールセダカの愛娘

デラセダカが起用されてます。

2曲目は”sayonara"この曲はホント素晴らしいメロディーです。

ケチのつけようがありません。

ヴォーカルはメアリーマッグレガーという人なんですが、実際どういう人

なのか、よく知りません。

しかし、この人を起用したのは大正解だと思います。

見事にハマリ役ではないでしょうか?

2曲とも映画を見た人は勿論、映画も曲も観た事も聴いたことも無い、

と言う人も「エエ歌やな〜」と確実に思ってもらえると思います。

それではお聴き下さい。

1000年女王 星空のエンジェル・クィーン

Mary Macgregor - Sayonara






今日はこれだけではありません。とことん泣かせます。

もう過ぎましたが、3月9日は何の日かご存知ですか?

そう、3と9でサンキュー、ありがとうの日なんです。

私はこの日、実家の”おかん”に「今日は何の日か知ってるか?」

と聞くと「知らん」と言われたので、「3と9でサンキュー、ありがとうの日

やんけ」と言いました。するとおかんが「ほんで?」と言うので「ま、そう

言う事や」と返しました。するとおかんが「何のこっちゃ」と言って別の

部屋に行きました。

伝わってるかな〜?

家族が居ることに感謝。

仕事が出来る事に感謝。

健康であることに感謝。

日々の小さな幸せに感謝。

「僕を支えた 母の言葉」

ある美容師と、ガッハッハおばちゃんの涙の物語

レジ打ちの女性
posted by dj-don at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。