2010年03月24日

恐縮です

こんちは。私事で恐縮ですが、以前コメントしてくれた女友達の絵本作家

”やのともこ”さんが先日、結婚されました。パチパチパチ

で、何か気の利いた曲は無いかと色々考えたんですけど・・・。

皆さんならどんな曲を贈ります?えっ?あれですか?ああ、あれね。

あっ、あれもありますね。ん〜色々候補はあるんですけどね〜。

でも私はこれ以外考えられないんですよね〜。ホント、ベタですけど。

Atlantic Starr - Always

今まで招待された結婚式の影響も、多々有るとは思うんですけど、

やっぱり、良いんですよね、この曲。時代に付いて行ってないと思われ

ようと、私はこの曲を贈りたいです。

これから先、続いていく全て(ALL)の道(WAYS)を、家族全員で幸せに

歩んで行ってください。おめでとう、お幸せに!

Atlantic Starr - Always




こっとりんさんへ

チャリンコ話、楽しんで頂けた様で何よりです。^^

基本的に、曲は前日に決めてます。で、当日パソコンの前で「今日は

どんな話にしようかな〜」みたいな感じで書いてます。

なので、曲と話には何の脈絡もありません。悪しからず。

さかのぼって見て貰えると分かりますが、「と言う事で〜」から曲紹介に

入ってる日が、そのパターンです。

kennyGの件ですが、彼の吹いている楽器はソプラノサックスです。

このソプラノサックスの帯域は人間の声の帯域と近いんです。

ですから、そう聴こえても不思議じゃありませんよ。

それと、もう一つは彼のテクニック。あまり詳しくは知りませんが、舌使い

(タンギング)やリップコントロールがよほど上手くなければ、あそこまで

楽器を歌わせる事は出来ないと思います。(サラリと吹いてますけど)

ちなみにサックスは通常、複式呼吸ですが、彼は循環呼吸法を用いて

50分近く、音を伸ばせられるらしいですよ。スゲ〜

でも、それを感じ取れるこっとりんさんの感性というか耳も大した物ですよ。




タグ:Atlantic Starr
posted by dj-don at 12:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ありったけのティッシュを用意してください

コンバンハ。まずは、お手元にティッシュを1箱用意してください。

私は、特別アニメが好きと言う訳ではありませんが、今迄でハマった

アニメが2つあります。それは”銀河鉄道999”と”1000年女王”です。

2本とも映画館で続けて2回ずつ観たぐらいです。

今これを読まれてる方の中にもファンが多いのではないでしょうか?

今日、ご紹介する曲はこの2本の映画のエンディング曲です。

1000年女王の曲は、あの喜太郎がプロデュースしてるので、喜太郎

らしい壮大なバラードに仕上がってます。

因みに、ギターはTOTOのギタリスト”スティーブルカサー”がプレイ

しています。

ギターもヴォーカルと同じで、その人独特の”音”と言うものが有ります。

このスティーブルカサーも例外ではありません。

と言うより、「何、この音?どないしたらこんな音出るん?」って言う位、

エエ音出してるんですよ。(初めてこのソロを聴いた時は、号泣しました。

たぶん、ギター弾きにしか理解出来ないと思います。もっとも、この

クリップの音質では魅力の半分も伝わらないと思いますが。)

ヴォーカルは、あの世界的に有名な大物歌手、ニールセダカの愛娘

デラセダカが起用されてます。

2曲目は”sayonara"この曲はホント素晴らしいメロディーです。

ケチのつけようがありません。

ヴォーカルはメアリーマッグレガーという人なんですが、実際どういう人

なのか、よく知りません。

しかし、この人を起用したのは大正解だと思います。

見事にハマリ役ではないでしょうか?

2曲とも映画を見た人は勿論、映画も曲も観た事も聴いたことも無い、

と言う人も「エエ歌やな〜」と確実に思ってもらえると思います。

それではお聴き下さい。

1000年女王 星空のエンジェル・クィーン

Mary Macgregor - Sayonara






今日はこれだけではありません。とことん泣かせます。

もう過ぎましたが、3月9日は何の日かご存知ですか?

そう、3と9でサンキュー、ありがとうの日なんです。

私はこの日、実家の”おかん”に「今日は何の日か知ってるか?」

と聞くと「知らん」と言われたので、「3と9でサンキュー、ありがとうの日

やんけ」と言いました。するとおかんが「ほんで?」と言うので「ま、そう

言う事や」と返しました。するとおかんが「何のこっちゃ」と言って別の

部屋に行きました。

伝わってるかな〜?

家族が居ることに感謝。

仕事が出来る事に感謝。

健康であることに感謝。

日々の小さな幸せに感謝。

「僕を支えた 母の言葉」

ある美容師と、ガッハッハおばちゃんの涙の物語

レジ打ちの女性
posted by dj-don at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ここぞの一本

コンバンワ。突然ですが、女性読者の皆さんに質問です。

(まさか、こっとりんさんだけって事は無いよな〜)

男が、気合いの入ったデートに必ずと言っていいほど持っていくものは?

正解は?タラリラッタラ〜♪”デート用カセットテープ”です。

そこの男性諸君!今、大きくうなずいただろ?(ウン、ウン)

そうなんです。男性はデート用テープの1本や2本は必ず持っています。

甘〜くてムーディーな選曲でまとめたやつを。

作るのは邪魔くさいけど、けっこう楽しくもあるんです。

「この曲の後にこれでああなって、こうなって・・・ムフッ←妄想中」

何故、こんな話をするかというと。

今日、曲探しの為にゴチャゴチャ色んな所をイジってたら、ホコリまみれ

になったテープを発見。「あら、懐かしや」とおもむろにデッキにポン!

10秒ほどの無音が続き、深いリバーブに包まれた、ゆるやか且つタイト

なビートが。「ウオオ〜ッ、なっっつかし〜。こんなとこにあったんや〜」

っていう経緯でこんな話になってしまいました。

そう、そのホコリまみれのカセットテープこそデートの三種の神器の1つ

”デート専用テープ”だったんです。(あと2つは・・・知らん)

そのトップナンバーがこれ。

Bobby Brown-ROCK WITCHA

デートじゃない時でも頻繁に聴いていた、お気に入りの曲です。

もう20年以上も前の曲ですが、goodなサウンドです。

一人で深夜のドライブをしている時なんかに最高です。

Bobby Brown-ROCK WITCHA
 

P.S

こっとりんさんへ

いや〜照れるな〜。

そんなに褒めても、なんも出ないですよ。(笑)

P.P.S

昨日コメントしてくれた”おっさんサーファー”が実は私の連れである事が

判明しました。

私自身、このブログを立ち上げた事は連れに言っていなくて(恥ずかしい

ので)、たまたま見つけて他人のフリをしてコメントした、と関東在住の

本人から連絡がありました。

ニックネームといい、”遠い江戸の片隅より愛をこめて”とか言ってるし、

なんか臭うな〜とは思ってたんですが、嫌な予感が的中しました。

コメントの返信をみてもらえば分かると思うけど、こっとりんさんの時

みたいにはしゃいでないでしょう。

これでまたこっとりんさん一人になってもうた・・・。

あ、だからと言ってコメントはもうしないなんて思わないようにI君。

また遊びに来てよ。
posted by dj-don at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

誰か教えてください

コンバンワ。今頃なんですが最近「のだめカンタービレ」にハマってます。

スカパーで再放送をやってて、暇つぶしのつもりで見てたらついつい

ハマってしまって、今、週一で深夜にやってるフィナーレがとても待ち遠

しいこの頃です。でも、いつも見てて思うんですが、クラシックの演奏家

の人達の感性というか耳はすごいですね。

私も30年近くギターを弾いているので、それなりの耳は持っているつもり

ですが、彼等の耳はまるで別次元のように思えてなりません。

あの盲目のピアニスト、辻井伸行さんのあるエピソードを聞いた時に、

「あ、やっぱりそうなんや」って思いました。

そのエピソードというのは、彼が赤ん坊の時、母親が子守唄代わりに、

いつもショパンのピアノ曲集のCDを掛けていました。

ある日のこと、いつものようにCDを掛けて家事をしていました。

普段は機嫌良く聞いているんですが、その日に限って辻井さんが泣き

じゃくるのです。その理由とは?

それはショパンはショパンでも、いつも掛けている演奏家と違う演奏家の

CDを掛けていたから、なんです。すごい話だと思いませんか?

生まれながらに、ピアノの音色を聞き分ける感性と耳が備わっていたと

言うことですね。文字通り、生まれ持った才能ということです。

ところで皆さんは”絶対音感”という言葉を聞いた事ありますか?

例えば、普段何気に聞いてる救急車のサイレンの音。

絶対音感を持っている人は、あれを聞いて音程(ドレミ)が分かるんです。

絶対音感を持っていない私からすれば、なんて羨ましい才能なんだと。

ところが、面白い話を聞いたんです。

この”絶対音感”という物、全ての人間が生まれつき持っているんです。

しかしこの先、人生を歩んで行く上で特に必要が無いということで、段々

退化して行くらしいんです。

だから、絶対音感を持ってる人達はちっちゃい頃からピアノやバイオリン

なんかをやってる人達が多いのかなって納得してしまいます。


ということで本日の紹介曲は

Patti LaBelle&Micharl McDonald-On My Own

24年も前に聴いていた曲なのに、今聴いても全然古臭く無く、それどころ

か逆に新鮮に聴こえてくるぐらい良く出来た曲だと思います。

二人のハリのある歌声はまさに圧巻です。特にMicharl McDonald。

すごいです、この声量はハンパじゃありません。

松崎しげるや尾崎紀世彦も真っ青って感じです。ではお聴き下さい。

Patti LaBelle&Micharl McDonald-On My Own


それと、このクリップを検索してて見つけた、Reba McEntire がカバー

しているOn My Ownなんですが、もうシビれました。久々に音楽を

聴いて衝撃を受けました。このカバー初めて聴いたんですが、Rebaの

他に女性が出演してますが、彼女達は何と言う歌手なんでしょうか?

また、Rebaをはじめ、このクリップに出ている人達の代表曲なんかを

教えてくれる方がいらしたら、是非教えてください。

宜しくお願いします。

Reba McEntire-On My Own








 
posted by dj-don at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

心臓の悪い方は見ないで下さい

コンバンワ。今日はブログにアップする映像を探してたら脱線してしまい、

こんな衝撃的な映像を見つけてしまいました。

どうやって撮ったかは分からないが(CG?)、出来過ぎです。

では、心して観てください。



・・・どうよ。ヤバイっすよね。心臓バクバクしてないですか?

と言う事で、気を取り直して曲紹介です。え?そんな気分じゃない?

分かります。でも紳助の「行列の出来る〜」じゃないけど、これでも一応

音楽紹介のブログなんで、やっときます。

今日の曲はこのブログのテーマにピッタリ、と言うかまんま。

CARSのDRIVEです。全くヒネリ無し。

でも、曲自体はムチャクチャエエんです。

さっきのCM忘れるぐらい良いです。では、お聴き下さい。

The Cars - Drive
posted by dj-don at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

不思議な偶然

コンバンワ。このブログを立ち上げてから、次は何を紹介しようかと色々見たり聴いたりしてるんですが、

昨日車に乗っていて「あ、あの曲があったな、それとあれもあったな」と2曲ポンポンと浮かんできました。

すると、数十分後にラジオからさっき思い出した1曲がかかったんです。

「お〜、グットタイミングやん」と思いながら機嫌よく聴いていました。

しばらく経って別の番組になってまもなく、なんと今度は2曲目がかかったんです!

何と言う偶然でしょうか。

「こんな事あるんやな」と思ったと同時にこうも思いました。

「やっぱり名曲は廃れることないんやな〜」と。

と言う事で9回目の今日も2曲紹介します。

コチラからThe Human League - Human
 
コチラからSpandau Ballet - True
posted by dj-don at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。