2010年03月11日

来日アーティストその2

コンバンワ。今回も、昨日に引き続き来日アーティストの曲を紹介します。

本日、ご紹介する曲はヨーロッパのファイナルカウントダウン、では無く

ケリーをご紹介します。

このヨーロッパというバンドは、The Final Countdown の大ヒットで

一躍スターに登りつめた、北欧出身のイケメンハードロックバンドです。

ハードロックバンドといっても、北欧系ハードロックの特徴であるメロディ

アスでドラマティックな曲調は、ハードロックに馴染みの無い人達の耳

にも受け入れやすいのではないかと思います。

そんな彼等のヒット曲の中から、美しいコーラスが印象的なバラードを

聴いてもらいます。

私は20数年ほど前、プールバー(ビリヤードが置いてあるバーの事)で

バイトをしてたんですが、売り上げが落ち、その店が閉店することに

なってしまいました。

営業最後の日の閉店後、思い出の詰まったその店内でスタッフ皆で

飲み明かしました。

そして、もうじき朝になろうとしている別れ際に、私が流したのがこの曲、

ケリーなんです。そして、曲が終わったと同時に店のライトを消しました。

まさに、スタッフみんなの青春の1ページが閉じられた様な瞬間でした。


”maybe we'll meet again somewhere again"

"when lights go down"

"きっと又、どっかで会えるよ”

”街の灯りが消える時に”

EUROPE-CARRIE 注:レベルが高いのでボリュームを絞ってください。


P.S
こっとりんさんへ

情景が浮かぶとは、さてはお主も経験済みかの?

助手席=「運転変わってくれ!」ってのもついて来まっせ!
posted by dj-don at 00:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | ロックバラード系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

洋楽が好きな人の○○は…

コンバンワ。私は普段、洋楽95%邦楽5%の割合で音楽を聴いている

んですが、皆さんは何故日本人なのに洋楽を好きなのか、疑問に感じた

事は無いですか?人それぞれ色んな理由はあると思うんですが、実は

洋楽を好んで聴く人には、ある共通点があるらしいんです。

それは、”耳”です。

昔、何かで読んだんですが、どうも耳に心地良い音域というのがあって、

その音域というか帯域が、欧米人のそれと似ているらしいんです。

そう言われると意味の分かる日本語の歌を聴いているより、意味の分か

らない洋楽を聴いているほうが、落ち着くのも納得出来るような気がしま

すね。

さて、今日12回目は昨日に引き続き、ロックバラードを紹介します。

皆さん、ジャーニーって聞いたことありますよね?少し前に何かのドラマ

で使われて初めて知った方も多いんじゃないでしょうか?

今回はそのジャーニーのバラードを紹介します。

いや、でもボーカルのスティーヴペリーの声ってホントすばらしいです。

ギターソロに入る前にバイオリンの弾くマネをしながら左にフェードアウト

していくのも何気にカッコええし。

この映像をYOU TUBEで検索して観てたんですけど、半泣きになりな

がら観てしまいました。この曲を初めて聴く人、ラッキーですね。

あ、これは自論なんですが、良い曲を探すって何か宝探しみたいと思い

ませんか?世の中に存在する、無数の石ころの中から何気に一個拾い

上げたらダイヤモンドだったみたいな。そのぐらい良い曲に出会うと私は

嬉しいんです。

では、お聴き下さい。


Journey - When You Love A Woman
 

Journey - Faithfully
posted by dj-don at 00:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロックバラード系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

皆さんKISSの素顔知ってますか?

コンバンワ。本日11回目は昨日、ちょこっと話に出たKISSを紹介したい

と思います。

まず、KISSを知らない方は、彼等をどの様に思っているのでしょう。

「ただのミーハーバンド」「色物バンド」「派手なだけのあほバンド」

色んな声が聞こえてきそうですが、それは誤った見方です。

シンプルゆえに計算された楽曲、客が飽きる事の無いように練りに練ら

れたステージング、基礎がしっかりしてるからこその演奏力とコーラス

アンサンブル、どれを取っても彼等は間違いなく、超一流のエンターティ

ナーでありミュージシャンでありアーティストです。デビューしてから30

年以上経っているにも関わらず、今なお第一線で活躍しているのが、何

よりの証しではないでしょうか。

そんな彼等の数ある名曲の中から、今回はメロディーラインが非常に美

しいバラード、SHANDI(シャンディ)を紹介したいと思います。

「ハードロックは聴かない」と言う人も、この曲は気に入って貰えると思う

ので、是非聴いてみて下さい。

それはそうと、KISSって一時期素顔で活動してたって知ってました?

ファンは当たり前のように知っていますが、そうでない人は知らない人の

ほうが多いんじゃないでしょうか。

で、このビデオ、ファンの間ではちょっと話題になったビデオなんです。

と言うのも、そろそろ素顔を見せるんじゃないかと噂になってた時期なん

で、ラストの場面で「おっ?おおっ?うおーーっ!?」ってなってました。

言い換えるならば、デーモン小暮が素顔を見せる様なものですからね。
KISS-SHANDI

こちらは、ボーカルのポールスタンレーのソロアルバムの中の1曲です。

この曲もポール節炸裂の名曲バラードです。素顔見れます。
Paul Stanley-Hold Me , Touch Me
posted by dj-don at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロックバラード系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。